MENU

2016年ガイダンスから!最も基本、大手カードローンが絶対推奨!しっかりとした運営で安心、条件次第で即日や低金利、無利息などの借り入れOKの可能性あり!

未収入の主婦達がカードローンを持つ為の審査に対してのお話をしましょう

主婦達でもカードローンのガイダンス其の一、審査について

まず最初に、審査についてガイダンスします。カードローンといっても本当に現在は多くの多種多様の種類があるのです。一番にに挙げるのは銀行系のカードローンです。このカードローンは口座を開設していない人でも申込め、尚且つ一番の良さは金利が低額で、借入れられる額が高額という事です。これは、あくまで銀行によって異なりますが、最高額が1000万や800万円のがあるのです。金利も2.5%からとなっていて、銀行に置かれてATMで借入や返済が出来るのです。ですからとても利便性に富んでいると言えます。一般のサラリーマンの様に、毎月決まった収入がある人が借りる場合でも、金利が安く尚且つ限度額が大きい額を借りる場合はとても審査は厳しいです。この際忘れてならない事は、未収入の主婦でも申請出来るかどうかですが、その審査定基準は其々の銀行によって規約がありますから一概にはきまってません。

 

審査ですが、収入がない事が原因で落ちる場合もありますが、借りたい人の旦那様がサラリーマンで固定収入があるならば、50万円まではOkなどと審査の基準様々です。又主婦だけが使用できるレディースローンもありますが、これも利用しやすいモノです。銀行系以外では、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社が扱っているカードローンがあります。これらは銀行系と違い、限度額は小額ですが、利息は15%から18%程度でまあ普通ですね。しかし働いていない主婦の場合は、審査に合格してもスムースにはいきません。ここが銀行系と異なるところです。主婦は収入がありませんから、しかし近年貸金業法が改正されそれに伴い、良く耳にする総量規制と言う仕組みを使う事が許可され、この総量規制とは「お金の借入額は、年収の3分の1までしか融資してはならないという決まりの事で、お金の申請時に本人の年収証明等を提示するのです。また金融業社は信用情報機関に打診し、他社との付き合いがあるか、また残りの残高を調べ申請者で返済が可能かどうか、これらの事を総合し考えての判断を決定します。お判りの様に主婦は未収入ですから、この総量規制はばまれ申請が出来ないのです。けれども、唯一救われる事は、銀行系カードローンはこの総量規制の中に所属していないの、借入が可能なのです。つまり其々の金融機関の規約により、貸し出す金額は50万円までと言う決まりがあるのです。しかしこの事は、主婦にだけあてはまるものであって、パートをしている人などは収入がありますから、また別の形での枠での審査になります。

 

カードローンでも色々ありまして総量規制の内になるものや、外に属しているものがありますから、同一の銀行系でも利息や金額の限度額、さらには便利性なども事細かにか分かれているのです。もし貴方達主婦がお金を借りる時場は、考える事無く申請をしないで、必ず事前に情報収集をして下さい。もし貴方が何回もお金の申込をして、そのあげくブラックな記録を持ったり、今まで金融事故や返済遅延のデーターが残っていますと審査に通らない事もありますから頭に入れておいて下さい。

 

今時の主婦が気になる銀行のカードローンで各々の良さや限度額を教えて下さい

主婦達でもカードローンのガイダンス其の二、限度額について

次のガイダンスは限度額についてです。最近は、収入の無い主婦でも手に入れられる銀行のカードローンがとても人気です。お分かりの様に貸金業法のきまりには、借り入れを希望する方にお貸しする金額はその方の年収の3分の1までで、いわゆる総量規制という法律があるのです。この法律に沿って営業している消費者金融や信販会社は、未収入の主婦には残念ながらがお金を貸す事は致しておりません。

 

しかし、銀行は違うのです。銀行は、銀行法に沿って営業してますので 、収入のない主婦にでもお金を貸します。ですからこれらの銀行のカードローンが今とても人気があるのです。その理由は三つあります。まず一つ目は、申請者の旦那様の収入証明書や同意書を準備しなくても個人の名前で申し込みが出来ると言う事です。のです。自分個人でお金をかりられるのは、家族との余分なトラブルうを生みません。二つ目の良さは、査定や融資の時間が非常に短く、最短で、即日借りる事が出来ます。支払期限が迫っているのにお金の工面が付かない時や、突然アクシデントでお金が入用の時などに、考えないでもうしこめますね。この様に銀行のカードローンは、借りいれ当日に金額が振り込まれ、急を要している人ならとても助かります。最後の三つ目ですが、借りる人が一番望んでいる金利が低いのです。返済額が少ない事は生活の負担にならないです。消費者金融や信販会社に比べますとと、家計に負担をかけません。それが銀行なのです。金利が払えないとかがなくなります。計画性のある借入をして、家計が苦しい月などを乗り切ってください。これら三つの理由により主婦達に人気が高いのが銀行のカードローンですが、申請する前にはきちんと各銀行の特色や借入の限度額や利息や無利息の期間等を前もって把握し、自分の生活にあったカードローンを選んで下さい。

 

加えて、主婦でも申請が出来る二つの銀行のカードローンとその銀行の限度額などをお教えしましょう。一つは、宣伝するまでもなく有名な東京スター銀行のカードローンです。このカードローンの凄い事は、最短でその日に融資がおりるのです。融資限度額も、最高500万円です。金利は、4.5%から14.6%となっています。このローンの一番の目玉ですが 、インターネットバンキングで申し込みが出来、ウェブで操作が出来るローンなのです。お店に出かける事もなく、カードの発刊 もありません、すべての書類の準備がパソコン上で出来るのです。ですから家族に秘密にしてられますね。二つ目は、これもテレビでよくやっている新生銀行のカードローンのレイクです。もうご存知ですよね。もし申請するのでしたら、平日14時までに申請の作業が終われば 、その日にお金が振り込まれる事もあり、融資限度額ですが、上限が500万円です。利息は、4.5%から18%となっています。30日は全額無利息の特典があり、5万円の借入れの時無利息申請なら180日間は利息が付きません。無料の返済シュミレーションを前もって利用して、これを参考にして毎月の返済額や返済期間をしっかりとに把握しておいて、すべてを確認し負担のない返済を選んでこれからの生得活に役立てて下さい。

もし主婦がカードローンの申し込みを行う場合、在籍確認をされるのでしょうか

主婦達でもカードローンのガイダンス其の三、在籍確認について

加えて、在籍確認についてもガイダンスします。カードローンやキャッシングの申し込みをし、審査の段階いに入り最終チェックで、申請者が勤務している務め先に電話などをかけて、申請者が本当に勤務しているかの確認をいたします、それは、申請者が返済出来るかどうかを確認する為なのです。普通消費者金融や信販会社は、担保を取りません。申請が返済能力が有ると見なし信頼してお金融通するのです。また、貸金業法で定められている総量規制という規制に従い、貸出し金額は、申し込み者の年収の3分の1までとし、申請者がもし申請時にきちんと働いていないと分かった場合お金を貸す事はしません。その様にも確かめるのです。そして申請者のの告知がが真実かどうか確認する為にも職場に電話をかけてくるのです。職場に確認の電話があると言う事は、申請者が金融業者にお金を借りている事が会社知られてしまうのではないかと、心配になりますよね。なるべくなら秘密にしていたいですからね。知られたく無い事ですから。でも御安心して下さい。平静な態度をして受け答えをしていれば、社名を名乗ったりはしません。ですから周囲の人にわかりません。

 

大体無収入の主婦は、消費者金融や信販会社にお金の申請はできませんからから、在籍確認で旦那様分かってしまう事なんては有りえません。ある理由でどうしても夫に秘密でカードローンの申し込みをしたい人は、銀行系のカードローンをお勧めします。銀行は、銀行法の元で運営されてますから、貸金業法の総量規制は適用されないのです。つまり、主婦でも自分名義のでカードローンを申請し所持出来るのです。しかし、主婦は仕事をしていないのですから在籍確認はありえません。銀行側も最初から在籍確認はしないと言う事で受ける訳ですから主婦が借りる事が出来る金額は、30万から50万程の金額になります。もし貴方が50万以上の高額のお金が必要になった場合は、家族に秘密にしたりしないで、夫や家族とその事でしっかり話し合って下さい。

 

あと、ここで主婦が申し込める、おすすめの銀行のカードローンを二つ紹介しましょう。このカードローンを上手に活用する事により、生活費の赤字の補てんや今まで欲しかったものが手にはいるようになります。家計の手助けにもなりますね。一つ目ですが、東京スター銀行のカードローンです。有名ですね。このカードローンの最大の利点は、銀行の口座を作っている人ならば、即日融資を受けられるのです。勿論ウェブで取引も出来ます。銀行に行く事もなくカードが自宅に配達されません。旦那様やや家族に内緒で簡単に利用できます。二つ目は、楽天銀行のスーパーローンです。これも知られてますね。上限300万円なら収入証明書を提出しなくてもお金の申請ができるローンなのです。主婦の方でも50万円までなら、旦那様の収入証明書は必要なく借りる事が出来ます。どうしても夫や家族に内緒で借りたいのなら、銀行系のカードローンが良いでしょう。各々の銀行のカードローンの特徴を丁寧にく調べ、借りる金額と返済額を御自分の生活レベルを頭に置き決める事が重要です。一番良い借り方は、月々の返済額を低くし、返済期間を長くしますと金利が低い銀行系カードローンを使用しても総支払額は大幅増になります、この事はわかりますね。また月の返済額を多いと食事の品数などで、夫や家族に秘密にしておきたいのにばれてしまいますからよく考え返済額をお決めください。

働いていない主婦でも旦那様に内緒でカードローンの申し込みは出来るのでしょうか

主婦達でもカードローンのガイダンス其の四、旦那に内緒について

最後に、家族や旦那に内緒でカードローンをりようできるかについてガイダンスします。一般的には、主婦は働いていないのですから収入は有りません。収入が無いのですから消費者金融ではお金の申請は皆無と言って良いでしょう。なぜかと申しますと、消費者金融は賃金業法で決められている総量規制いわゆる「お金を借す金額ですが、お金の申請をする人の収入の1/3まで」という決まりに従って運営してますの収入の無い主婦の方々はお金の申請が出来ない事になります。一方銀行のカードローンは比較的決まりが浅く、銀行法のなかには総量規制が無いの銀行がそれぞれ独自の契約の形態を持ち行っています。その規約によりますと、普通申請の時に配偶者の承諾書 や確かめの電話をする金融機関は無いでしょう。いわゆる主婦の方達でもカードローンを旦那様に内緒で持つ事ができるのです。

 

一般に、主婦達がカードローンを銀行で旦那様に内緒で作るには、一般的に配偶者である旦那様の収入が固定したものかどうかが確かめられます。もし申請者がアルバイト又はやパートなどをしてます主婦と認められません。仕事は、パートやアルバイトという形態になるので契約時記入も変わり、全く違う審査基準になってしまいます。主婦が借りる場合ですが、配偶者に安定した収入をがあったとしても、申請者が主婦なのですから借入の上限は、どの銀行も定額に決めているケースが多いと思われます。多くの人は、銀行のカードローンの利息は安い思われていますが、これは、あくまでも高額で締結した方の金利が一定という意味であって主婦に貸し出す金額は一般的に低額ではありません。どうしてかと言うと殆どの場合低い限度額での契約にも拘らず金利は契約したカードローンの利息にしては高金利になっています。。

 

やはりここで気がかりになるのは、先ほどにも挙げた限度額ですか、大手都市銀行は限度額が20万円〜30万円の金融機関が多いですが、中には50万円を限度額として決めている銀行もあります。地方銀行は都市銀行とあまり差は無く、とは言っても30万円が限度の銀行が多く、最大でも50万円くらいが最高になると思われます。勿論信用金庫や信用組合でもカードローンでの申請ははできますが、契約時に出資金として一定ののお金「この金額は決まりはありません。」をその金庫または組合に預けるという形をとっているのが一般的です。限度額ですが銀行と大差はありません。信用金庫や信用組合は昔から地域密着型の営業方針を取っているので地域地域で違いがあるので、申請する前には必ず確認をする事をお勧めします。ネット銀行についてですが、限度額は一般的な金融機関と差はなく50万円くらい一番が多いです。旦那様に内緒でカードローンの申し込みは殆どの金融機関で出来ますが、可能ですが、申請の前に前に自分が借りようとしている商品の内訳を把握し、査定や借り入れまでの手続きの流れを確認する事がとても大事です。是非お忘れなく行ってください。